シミの改善には化粧水による保湿が欠かせません

様々なシミの原因が日常の中に潜んでいます。代表的なものは紫外線です。紫外線によってメラニン色素が生成されることでシミになります。なぜ若いうちは紫外線を大量に浴びてもシミにならずに、加齢とともにシミが増えてしまうかというと、肌のターンオーバーのサイクルの違いが原因です。加齢によって皮膚の古い角質を新しい細胞に生まれ変わらせる力が衰えてきます。本来健康な代謝が行われている肌では紫外線を浴びてメラニンが生成されても細胞が生まれ変わることで色素の沈着を防いで新しい綺麗な肌を生み出しています。肌のターンオーバーが鈍ることでメラニンが残りやすくなってしまいます。

また紫外線がシミの原因になる理由の一つとして、紫外線が角質下の細胞間脂質という弾性組織を破壊してしまうことが挙げられます。この細胞間脂質は水分と皮脂の層でできており細胞同士をつなぎ、肌をなめらかに保っています。この組織が紫外線によって破壊されることで水分が流出してしまい肌の乾燥を招きます。乾燥した肌は代謝が鈍りメラニン色素が沈着しやすくなるだけでなく、乾燥によって炎症が起きると炎症によってもメラニンが生成されシミの原因となります。

そのためシミの改善のポイントは紫外線を防ぐこと、乾燥を防いで保湿すること、そして肌の生まれ変わりを助けてあげることです。
まずは日常的に日焼け止めをしっかりと塗ることです。曇りの日などはついつい塗らずに外出してしまいがちですが、皮膚の乾燥や老化の原因を引き起こす紫外線UV-Aは曇りの日や、直接日光の届かない室内にも放射されています。

そして日焼け止めで紫外線を防ぐだけでなく、洗顔後の化粧水による保湿によって乾燥を改善します。化粧水は量をたっぷりと使い軽くパッティングするようにして皮膚に浸透させましょう。十分に水分を補給したあとはクリームや乳液で水分が逃げないように蓋をします。
肌の代謝をよくしてシミを改善するためには運動や睡眠、食事といった健康に良いことをしましょう。