食品の深い関係

私たちの体は、私たちが食べた食品からできていると言っても過言ではありません。そしてこれは肌に対しても言えることです。ですから美肌と食品の間には、深い関係があると言えます。勿論、美肌作りのためにはそれと同時、基本的なスキンケアや紫外線対策を怠ることも必要です。しかしたとえば、脂質の多い食べ物、あるいは添加物の多く使用された食べ物ばかりを食べていると、肌にとっては良くない影響が懸念されます。

余分な脂肪分は酸化して、細胞の生成を遅らせてしまうためであり、また添加物は体内で活性酸素を発生させ、細胞などを錆びつかせる原因になり得るからです。また極端に冷たい物ばかり食べていると、血流が滞りがちになります。すると肌トラブルを改善するためのターンオーバーの周期が乱れがちになり、結果として美肌作りが阻害されやすくなります。反対に美肌に対して良い効果が期待できる食品としては、まずはビタミン類を豊富に含んでいる物が挙げられます。この代表としては、野菜、果物が挙げられます。ビタミン類は数多くの種類に分類されますが、その中には細胞を活性化させる作用、活性酸素に対抗する作用、また潤いを保つ作用を持った物もあります。

ですからそれらを摂取すれば、美肌へのよい影響が期待できます。それから近年では、腸内環境と肌の状態の間にも深い関係があると言うことが明らかにされています。ですから腸内環境を健やかに保つ作用が期待できる食物繊維を含んだ食品も、美肌作りには良いと言えます。